2012年11月16日

漢方、いい感じです

一時期、品薄で店頭から消えていたR-1のヨーグルトが
毎日棚に並んでいます。

r-1.jpg

インフルエンザの時期になったら、また無くなっちゃうんでしょうね。

こう寒い日が続くと、風邪やらインフルエンザやらが
心配になり始める頃でもあります。

今年は、漢方薬で対策を練ろうかな。

薬やサプリはあんまり好きではないのですが、
プチ不調を改善するために、漢方薬を飲んでいます。
通常の量よりかなり減らしていますが、効果が出るので、つい飲んじゃいます。

以前は漢方薬にあまりいいイメージがありませんでした。
効果が出るのも遅そうですし。

自分が飲むようになり、認識が変わりました。
ああ、こんな感じでジワジワ効くのね。
いい感じです。

飲んでみて思ったことは、
最初の数週で「あ、効いているかも」という感覚がなければ、
他のものに変更して、自分に合うものを探し続けることが大事なんじゃないかと。

西洋の薬みたいなキレはありませんが、
日々のちょっとした不調には、漢方薬が合っているみたいです。

ゆっくり効くというイメージが強い漢方薬ですが、
インフルエンザや風邪にかかった時にも良いようでして、
使い方次第では体が楽になるようです。
風邪は寝て治す派、気合いで乗り切って薬なんて飲まない派なんですが、
漢方に興味が出たので、自分に合うものを調べてみました。

中間証から虚証ぎみなので、麻黄附子細辛湯かな。
インフルエンザっぽかったら、麻黄湯を一日位は飲めるかも。

ところが、漢方の大家でも虚実を間違えてしばらく飲んでいたという話が
本に載っておりまして…結局は飲んで試して探すのが一番のようですね。

試したいけど、試すってことは具合が悪くなるってことですから、
できれば試さずに冬を乗り切りたいです。
posted by まなみ at 18:05| 漢方