2012年05月02日

いちごの種を蒔く

プランターの土に、つぶつぶした光るものがまぎれています。

slug2.jpg

ナメクジの卵っぽいです。つぶつぶは、30個くらいでしょうか。
土に米糠を混ぜているから、寄ってきたのかなあ。
卵が孵ったら、野菜が食い荒らされちゃいますからね。
一つずつ、手でプチプチつぶしておきました。

slug1.jpg

雨の翌日、ナメクジをよく見かけます。
他にも産みつけられていそうですが、そこはあきらめて
いちごの種を蒔きました。

普通は、いちごは苗を買ってきて植えますよね。
現在育てているあきひめも、苗を購入して植えました。
しかし、今年は、種から育てることに挑戦してみます。

つぶつぶしている、みんなが種と思っている部分が、本当は実らしいです。
つぶつぶが実で、その中に種が入っているらしい。
赤い果肉と思っているところが花托(かたく)…って何かしら。
そんなややっこしいこと言われてもねー。
とりあえず、つぶつぶの中に種が入っているなら、
つぶつぶを蒔けば、芽が出るってことよね。

strawberry1.jpg

ぱらぱら。
光がないと、発芽しないとのこと。
だから、土に蒔くだけ。
発芽には、かなり時間がかかるらしい。

待てど暮らせど、芽が出ません。

strawberry2.jpg

よく見たら、つぶつぶが割れている…。たぶん鳥の仕業でしょう。
そりゃー芽が出んわ〜。

前途多難ないちご栽培になりそうです。
タグ:実生いちご
posted by まなみ at 16:17| まなみクリニック園芸部