2010年05月01日

レーザートーニングより、まずスキンケアを

日差しが強くなってきました。
テレビでは日焼け止めや肝斑のCM、トラネキサム酸入りの化粧品のCMなど
繰り返し流れています。
うっかりしてるとすぐに日に焼けますよ。

肝斑の方はスキンケアに気を使っていただきたい季節になりました。
冬場はいい加減なスキンケアでも肝斑はあまり暴れませんが、
夏に向かっていい加減なスキンケアを続けていると
すぐに肝斑が暴れだします。

自由が丘まなみクリニックでは
肝斑治療は、まずスキンケアの指導からはじまります。
内服外用スキンケアでなかなか改善しない肝斑に
メドライトC6によるレーザートーニングをご案内しています。

週一回のレーザートーニングを4回くらい繰り返し行うと薄くなってきた実感を得ていただくことが多いです。しかし、4回では不十分なこともありますし、週一回の照射が現実的でないため、治療間隔は柔軟に対応しております。

レーザートーニングがもてはやされていますが、
肝斑が完治するわけではありません。
肝斑を薄くする治療のうちの一つです。
治療をやめれば、また肝斑は濃くなります。

やはりスキンケアが重要です。
クレンジングで皮膚をこすり過ぎないように注意をしてくださいね。

そうそう。
Q-YAGレーザー(メドライトC6)によるシミ・肝斑・アザ治療がスタートしました。
自由が丘まなみクリニックのホームページ
チェックしてくださいね。
posted by まなみ at 12:52| 美容 肝斑