2009年11月07日

肝斑でてますよ

日々診療をしていて、気になることがあります。

テレビでは肝斑のコマーシャルが流れ(最近はあまりやってませんね)、
インターネットでは肝斑の情報が氾濫しているにもかかわらず、
・自分が肝斑であることに気付いていない
・くすみやシミがあるのはわかるが、どれが肝斑なのかわからない
・市販の薬を飲んだが効かなかったのであきらめている
そういう方が大勢いらっしゃいます。

「この、地図みたいにでているのが肝斑ですよ。ひげみたいな、これもです。」
まず肝斑がどこにあるかわかって、安心もしくは落胆されます。

次は治療法の説明。
内服、外用、スキンケア。
積極的な治療としてケミカルピーリングやイオン導入、そしてレーザートーニング。
治るのではなく、一時的に肝斑の色を抑える治療です。やめればまた出てきます。

「冬は薄くなるんですけど、夏はどんなに頑張ってもちょっとは濃くなります。あまり頑張りすぎないで肝斑とうまく付き合ってくださいね。」

診察の度に繰り返される言葉。しつこいと感じられる方もいらっしゃるでしょうけど、あえて繰り返します。スキンケアのことも繰り返しお話をします。

他院で洗顔を拝見する機会があるのですが、相変わらずガシガシ洗ってゴシゴシ拭く患者様が絶えません。
「お肌を、もう少しやさしく扱いましょうね。」
「わかってはいるのですが、つい…。」
そうなんですよね。急には変えられませんよね。
スキンケアに気を配るだけでも、肝斑は薄くなります。
徐々に習慣を変えていきましょう。

自由が丘まなみクリニックでは
肝斑の相談もおこなっています。
ケミカルピーリングやイオン導入、レーザートーニングの機械がないのに?
ええ、相談をおこなっております。
残念ながら、積極的な治療はしておりません。
あくまでも相談とスキンケアの指導です。

肝斑、しみ、くすみ、あざ、ほくろ…
顔にあるものが肝斑かどうかなんてわかりませーん!
という方。ご安心ください。
顔にある色の付いているもの、なんでもご相談ください。
当院での治療はできませんが、治療法をご案内できます。

現在一般的に行われている肝斑治療の説明だけを受けてみたいという方、
顔にある色をどうにかしたいが、まずどうすればいいのか助言が欲しい方、
自由が丘まなみクリニックでお待ちしております。
posted by まなみ at 16:23| 美容 肝斑